@hirosysの技術ブログ

#jawsug #jft2018 jft2018_a

ウケるスマートスピーカースキルの作り方

コバヤシトールさんと池田大介さんのセッション

VoiceApp Lab のお二方

テクニカルな話よりクリエイティブな話

VoiceUp Labとは

  • スマートスピーカーを研究する有志エンジニアで結成したクリエイターユニット
  • 主に京都で活動
  • 30本以上のスキルをリリース
    • ボイスカンフーや学校あるあるニュースなど
  • 企業向けスキルの開発
    • シナモンと一緒にチャレンジ など

ユーザーにウケるスキルとってどんなもの?

3タイプのスキルで解説

  • キャプテン九九
    • 冒険アドベンチャー型の九九学習スキル
      • ストーリーとラップ調の歌に乗せて学習
      • 記憶に残る世界観、長編ストーリー
  • 歯みがきくん
    • 子どもの歯みがき習慣を歌でサポートするスキル
      • 親のニーズ × 子どものニーズ
      • 歌の世界観
      • スキル名の言いやすさ
      • 会話を減らすことの重要性
    • 工数の9割がガレージバンド
    • 会話を減らせば減らすほどアクセスが増えた
  • ゾンビのまち(現在はLINE Clovaのみ)
    • アトラクション型謎解きスキル
      • 現実とスキルの境目をなくす
      • キャラクター性
      • スキル未使用時間のデザイン

ウケる演出のトレーニング法

ひたすら「音」に注目

  • ラジオ(CM、ジングル)
  • テレビ(番組構成)
  • Netflix(映画のオープニング)←10本選んで一気見する
  • 街角の物音(駅、バス、店内)

これらに注目することで、スマートスピーカースキルの演出が向上する

その他

  • 声はガレージバンドのボイスチェンジャーで編集
  • Google Home向けが多いのは、最初に作り始めたのがGoogle Home向けだったため。そこから移植していく
  • トレーニング法の中では特にラジオのCMが参考になる

この記事へのコメント

まだコメントはありません